中古マンションと物件概要

賃貸マンションから中古マンションに住み替えるという人は大変多くみられます。それまでは賃貸マンションに長く暮らしてきたけれども、ある程度仕事や家庭が落ち着いてきたので、思い切ってマンションを購入してみようと決心をする人が多いからです。賃貸マンションに比べ、中古マンションは自分の思うような部屋作りをしやすいということがかなり魅力です。
しかし、賃貸マンションから中古マンションに買い替えをするときには、その物件にかかる諸経費用もよく考えておくことが大切です。中古マンションの中には新築マンションとほとんど変わらないような高額の住戸もあります。住宅ローンを組む時には、自分の収入状況からみて借入額などを決めることとなります。
ですが、この返済金額ばかりが月額費用となるとは限りません。中古マンションの場合、賃貸マンションのときには意識せずにいた諸経費用が月額加算されることになるからです。「管理費」「駐車場使用料」「町内費」などは賃貸マンションであっても加算されるものですが、マンションの場合それに加え「建て替え積立金」や「共有スペース諸経費」といったものも加算されることがあります。
また、それぞれのマンション独自の地理的状況により、特別に徴収されることになる費用もあります。諸経費を考えずに住宅ローンを組んでしまうとのちにかなり返済に困る事態にもなりかねないので、購入契約やローン契約の前にはかならず実際の月額費用はどのくらいになるか細かく算出しておきましょう。