中古マンション=良くない物件?

中古マンションと聞くと、なんとなく新築マンションに比べてかなり劣ったものであるような気がしてしまいます。確かに、ピカピカ未使用の部屋に住むというのは大変嬉しいことですが、だからといって中古マンションが全て不便で使いにくいものであるわけではありません。むしろ、立地やその他の費用などの条件面で比べれば、中古マンションを探した方がより自分の理想に近い場所を手に入れることができるという場合も多くあります。
また、新築マンションとして販売をされたものの、建物の完成前までに買い手がつかず、未使用のまま販売されている「売れ残り物件」もあります。売れ残りというとまたイメージがよくないですが、それは物件そのものに問題があったというよりも、新築販売時の価格設定が高すぎていたか、一度契約をした人がその後の住宅ローン審査で落ちてしまったために購入できなかったというパターンもあります。
未使用の新築物件であっても、一定期間が経過すると「新築」という言葉で販売をすることができなくなります。買い手がつかないまま2年が経過した物件は例え一度も人が住んだことがなくても「中古」という名前がつくことになります。
売れ残り物件の場合、分譲当初の価格よりもかなり安く設定をされたり、モデルルームとして使用していた家具などが一緒についてくるといった場合があります。ただし、単純に値引きがされたからといって一概に得とは言い切れません。購入時には周辺の相場とも照らしあわせて考えましょう。